忍者ブログ
好きなコトを 好きなように 好きなだけ・・・・・・勝手に綴った ヲタクROSEのひとりごと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祝! JEF UNITED 千葉 ナビスコカップ決勝進出です鍊

第1試合で、3−1勝利。
今日は最悪1点差負けでも決勝進出は決定…というアドバンテージ。
余裕だと言われていたけど、正直不安でした。

「0−2とかで終わり、結局PK負けとか充分ありえそう…」って。

雨が降りつづける市原臨海競技場。
ココで試合を見るのは、今日が最後。
次節からは、千葉・蘇我スタジアム。(フクダ電子アリーナ:通称フクアリですが、私たちは「ソガスタ」と呼んでいる)(汗)
JEFサポになって、12年。
たくさんたくさん思い出がある、この競技場とも、今日でお別れ。

キックオフから、浦和に攻められまくり、ついつい「おい〜っ!」って叫んでしまう試合展開。
そして、2失点。
なんか、本当に不安的中?って思った。
でも、やっと振り出し。まだ45分ある。頑張れ!JEF!

後半、水野クンに代わって林クン投入。直後のCK、林が蹴ったボールに飛び込んで頭で合わせたのは…
勇樹ぃ〜〜〜〜〜〜〜っ囹
スコアは、1−2。でも、1点リードだよ、流れはこっちだ、この調子で行こう!

2点目は、ゴールが決まったことが信じられず、あまり鮮明に覚えていない。
入った瞬間は「え?入ったの?誰だった?」って感じ。
そして、サポーター席に向かって吼えながらガッツポーズを決めたのは…勇樹だった。

「ゆ、勇樹ぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜っ囹」
叫んだと同時に涙が溢れ、そして、JEF友と抱き合って喜んだ。

試合終了のホイッスルを聞いたときは、喜びよりもホッとしたという感じ。
「きっと今頃、勇樹泣いてるよ…」なんて、JEF友と言っていた(笑)
そして、私は無我夢中で「サトルぅ〜〜〜〜〜っ!」って何度も叫んでいたっけ怜

終了後、サポーター1人1人と、握手をしながら競技場を半周してくれた選手達。
勇人が、握手しながら一人ずつの目をしっかり見て、「優勝だよ」って誓ってくれた。
ハースも、サトルも、巻クンも、くっしーも、林クンも、直剛も、そして勇樹も。
みんな、サポーターへの感謝の目をしていた。

感謝するのは、私達の方なのに…。
いっぱい、いっぱい、感動をありがとう。って。

7年前の準決勝。鹿島に勝ち決勝進出を決めた時、号泣した。
だけど、決勝ではジュビロ磐田にコテンパンにやられ、0−4の惨めな準優勝。
あの時の雪辱を果たす時が、やっと来たと思う。

ウチは今、「強いチーム」の仲間入りをしていると思う。自惚れやファンの欲目じゃなくそう言い切れると思う。
お客さんの数も、あの頃に比べたら格段に増えている。
それでも、気がつけば、ゴール裏の顔ぶれは一切変わってしまい、知ってる顔は本当に少なくなってしまった。

この中に、あの7年前の悔しさを知っている人、
そして毎年2部落ちを覚悟して過ごした、あの「地獄の3年間」を知っている人は、一体何人いるんだろうね…。
決勝進出を喜ぶ人たち。
でも、7年前を知ってる私たちと、知らない彼らでは、喜びの度合いが違うんダ。

そんなことを、JEF友、そして、昔からの仲間達と話していた。

それでも、嬉しい気持ちは、やっぱり一緒。
帰り道に、コンビニで出会った、同じように黄色のレプリカを着た、見知らぬJEFサポの男の子達と
笑顔で「お疲れさまっ鍊」って言い合ったのも、そんな気持ちから。

臨海の思い出は、数え切れないほどあります。
悔しくて、情けなくて泣いたこともたくさん。
それと同じくらい、嬉しくて嬉しくて、泣きながら感動したこともたくさん。
ゴール裏にいた頃は、毎試合TVに映っていた(笑) まだ、ろず男が生まれるずっと前のこと。
JEFの選手の顔ぶれも、サポーターの顔ぶれと同じくらい変わってしまったけれど、
それでも、こうして今年も応援し続けています。
きっと、来年も、再来年も、こうしてJEFサポでいるんだと、根拠ナシに思っています。

さぁ、今度こそ、優勝です囹 7年前の雪辱を。
あの時の、悔し涙と同じくらいの水分を、今度は嬉し涙で流せますように…。

05-10-05_j.jpg
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
無題
決勝進出おめでとう!
2005/10/06 22:48 シンデレラ EDIT
TRACKBACK
TB URL
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]