忍者ブログ
好きなコトを 好きなように 好きなだけ・・・・・・勝手に綴った ヲタクROSEのひとりごと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ろず子が生まれた日のことは、今でもハッキリ覚えている。

だって、サッカー好きな人はモチロンの事、そうでない人だって一度くらいは耳にした事があるであろう、
あの、『ドーハの悲劇』の夜に生まれたから。

予定日を10日も過ぎたのに、陣痛の兆候すらなかった私は、
赤ちゃんが育ちすぎちゃうこと&胎盤が劣化してしまう恐れがあることから、
陣痛誘発剤を使って、無理やり出しちゃおう!(笑)ってことになり、28日の朝、入院。

夜になっても、まだ生まれないため、一度パパは家に帰る。

だんだん陣痛がヒドくなってきた〜。。。って時に、あの試合はキックオフ。
ベッドに横になり、時々襲ってくる痛みと闘いながらも、顔はTVに釘付けだった ← どういう妊婦だ(笑)

ところが、日本が勝ち越し点を決めた直後くらいに破水。
「分娩室へ移動しましょうね…」と、看護婦さん、TVを消してしまう。あっ、ああああ・・・

分娩台の上で考えてたこと。
「あのまま、終わっててくれよ〜。まさか同点とか逆転とかないよな・・・」
ところが、痛みがヒドくなって、サッカーどころではなくなった。
何せ、初産だし〜。もぉ、痛くて痛くて、「あー、このまま殺してくれぇ・・・」ってなくらいだったから
試合のことなど、頭からフッ飛んだ。

そこへ、パパ到着。
看護婦さんの、「ダンナさん来ましたよ〜。頑張って下さいね」
はい、そこで普通なら、「大丈夫か?頑張れよ?」的な言葉を発するのハズ。
しかし、私の元ダンナが発した、第一声は・・・・

「日本、ダメだったよ…」

おいおい。初めての子供が今にも産まれそうだってーのに、この男は・・・(笑)
これが離婚の原因デス(笑) ←大嘘 ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

そんなこんなで産まれた娘も、もう12歳。
私も、トシをとるはずだぁ。。。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
TRACKBACK
TB URL
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]