忍者ブログ
好きなコトを 好きなように 好きなだけ・・・・・・勝手に綴った ヲタクROSEのひとりごと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誰でもいいから、忘れさせてくれる人がほしい。
そんな風に思った時、浮かぶのは昔好きだった人。

先月、13年ぶりに再会して、私達の微妙な関係は相変わらずだったけど、
彼をすごく好きだった気持ちは、よみがえって来た。
ただ、それ以上に私の心を大きく占めている存在が今でも私を苦しめます。

こんな私を、好きだと言ってくれる人もいるのに
忘れさせてあげるからと言ってくれる人もいるのに・・・
飛び込んでいけたらとても楽だろうけど、どうして、その人を好きになれないんだろう。

街を歩いていて、電車に乗っていて、いつも思う。
「こんなにたくさん人がいるのに、どうして好きな人は、たった一人なんだろう」

誰でもいいから、忘れさせてくれる人がほしい、なんて思うくせに
結局は、飛び込めないことも知っている。
たとえ、昔好きだったあの人でさえも。

思い返していたら、だんだん腹が立ってきた。
勝手な言い分と、あまりの冷たさに、「ヒドイ」と思わずにいられない。
そうさせたのが自分だと解っていても、やっぱり腹が立って仕方ない。

このままキライになれたら、とても楽になれるのに、
それでもキライになるどころか、「やっぱりまだ…」と思ってしまう。
そんな自分に、いちばん腹が立つ。

忘れたい、忘れよう、忘れなければ・・・
そう思い続けるうちは、忘れられない。なにをしても。


↓カラオケで歌った・・・ う〜ん、今、この曲はヤバイね(-"-;)

------------------------------------------------------------------------------------

『M』 PRINCESS PRINCESS

作詞:富田京子  作曲:奥居香

いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった
季節はまた変るのに 心だけ立ち止まったまま

あなたのいない右側に 少しは慣れたつもりでいたのに
どうしてこんなに涙が出るの
もう叶わない想いなら あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ

You are only in my fantasy
今でも覚えている
あなたの言葉 肩の向こうに見えた景色さえも So once again
Leavin' for the place without your love
星が森へ帰るように 自然に消えて ちいさな仕草も はしゃいだあの時の私も

いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった
季節はまた変るのに 心だけ立ち止まったまま

出会った秋の写真には はにかんだ笑顔 ただ嬉しくて
こんな日がくると思わなかった
瞬きもしないで あなたを胸にやきつけてた 恋しくて

You are only in my fantasy
あなたの声 聞きたくて
消せないアドレス Mのページを指でたどってるだけ So once again
Leavin'for the place without your love
夢見て目が醒めた
黒いジャケット 後ろ姿が誰かと見えなくなっていく So once again
You are only in my fantasy
星が森へ帰るように自然に消えて ちいさな仕草も
いつまでも あなたしか見えない 私も・・・

------------------------------------------------------------------------------------
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
TRACKBACK
TB URL
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]