忍者ブログ
好きなコトを 好きなように 好きなだけ・・・・・・勝手に綴った ヲタクROSEのひとりごと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、元ダンナが来た。
ウチの親もまじえて、話し合い。

2人から同じことを言われた。
「アンタに、ろず男を育てるのは無理!!」

ウチの親は
「元ダンナさんに、ろず男を引き取ってもらいなさい」
元ダンナは
「ろず男を引き取らせてくれ」

理由は、私に育てられてる、ろず男がカワイソウって。

病気になって、会社を辞めた直後から1ヶ月間、
毎日毎日「ど〜するの?このまま収入もなくて、子育ては無理でしょ」と
言われ続けてきた。

ろず男にも、聞いてみた。
「ママはね、今、病気なの。だからゴハンも作ってあげられないし、
ろず男の汚れた洗濯物も、なかなか洗ってあげられないし、
部屋も汚いまんまで、全然面倒みてあげられないから、パパのところに行く?」

ろず男は
「面倒みてくれなくても、ゴハンがコンビニのお弁当でも
それでもママと離れたくない」 って言ってくれた。

でも、ウチの親も元ダンナも
「ろず男が嫌がるのは今のうちだけ。
実際に向こうで暮らせば、そのうちママと離れてることにも慣れるだろう」って。
私といると、ろず男が幸せになれないって。
それは、病気になってからの事だけじゃなく、離婚してから今までの生活を見てて
総合的に見て、そう感じるって。

アルコン行ったり、パチに行ったり、
そんな母親に育てられた、子供が可哀相だって。

本当に、そうなのかも知れないって思った。

何が、ろず男にとって一番幸せなんだろう…。
「ママと離れたくない」って本人がいくら言っても、無理やり引き離して元ダンナのところに行かせるのが
本当に、ろず男のためになるんだろうか。
そう感じるのは、「離れたくない」って思う私の勝手なエゴなのだろうか。

アルコンも、パチも完全にヤメて、
うつ病だろうと何だろうと、今すぐに新しい仕事を探して、
眩暈がしようと、頭痛がしようと、家事をしっかりやって子供の面倒を見る。
それが出来るなら、ろず男を引き取るのを諦める…って、元ダンナは言った。
ウチの親も「出来るなら、やってみろ」と言った。
夏休みに入るまでに、それが出来るようにならなければ、
夏休み中に、ろず男は元ダンナに引き取られ、転校することになる。
(転校するには夏休みがいい機会だから)

ろず男のため、ろず男のため、ろず男のため×100 …って、私の気持ちや現状は無視?
…って、少し疑問符。
それも、私のエゴなのだろうか。

今日は薬を飲んでも眠れない。
気持ちグシャグシャ。
PR
TRACKBACK
TB URL
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]