忍者ブログ
好きなコトを 好きなように 好きなだけ・・・・・・勝手に綴った ヲタクROSEのひとりごと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウツが再発してる気がします。

数日前、福島に居る元ダンナからTELがあり
「やっぱり、どうしても、ろず男を引き取らせてほしい。お義母さんからも“引き取ってくれ”って頼まれた」…と、言われました。

オカンにTEL

私 「どうして、そんな勝手なことするの?」
母 「ろず男のためでしょう。アンタには無理。ろず男が可哀相」
私 「ろず男は望んでない。こっちに居たいって言ってる。
   ろず男が福島行きを望むなら、ろず男の意見を尊重するし、仕方ないって私も諦めるけど」
母 「離婚するとき、ろず子だって泣いたでしょ。でも、すぐに福島での生活に慣れたでしょ。ろず男もそうよ。」
私 「だって、ろず子はあの時、自分でパパの方に行くって決めたんだよ」
母 「それは、パパが“1年経ったら戻れる。ちょっとの間、離れて暮らすだけ”って、
   嘘を言ったからでしょう?ろず子は、それを信じていたからでしょう?」
私 「そうかも、知れないけど」
母 「だったら、ろず男にもそう言えば?ちょっとの間、離れて暮らすだけだよ…って。
   そうしたら、納得するんじゃない?」
私 「嘘をついてまで、福島に行かせたいなんて、私が思うわけないでしょう?
   それに、それでも、ろず男が福島に行きたくないって言ったら?」
母 「その時は、“ろず男が一緒だと、ママの病気が治らないの…”とでも言えば、納得するんじゃないの?」

…絶句。

私 「言えるわけがない、そうまでして、ろず男を福島にやりたいなら、パパの方も、そうまでして引き取りたいなら
   お母さんとパパで、そう言って説得すれば?」

それしか言えなかった。

母親失格。ろず男が可哀相。ろず男のためには、ろず男の幸せを思うなら福島に行った方が、etc etc …
自分が一番、分かりすぎるほど分かってる。
だから、ろず男自身が「福島に行きたい」って思うなら、悲しいけれど、「仕方ない、諦めよう」って、
そう考えて我慢しようと思う。
我慢しようと思いつつ、それでも離れたくないっていうのが、正直な気持ち。これはエゴ? 違うよね?

半分くらいは、覚悟を決めました。

あとの半分は…。「ろず男が、福島に行きたいと言うわけない」って信じたい気持ちデス。

自己嫌悪のカタマリ。今になって焦るなら、なぜもっと早く、母親として、しっかりしなかったのか。
病気になんかならなければ…。でも、病気になったのも、自分自身が弱いから。“根性ナシ”だから。

ウツウツが、再発。頭痛、眩暈、動悸、息切れの発作が再発。神経性皮膚炎も再発。
バイトに行くのが、とても、とても、ツラかった。。。。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
無題
ろず男君の事を考えると・・・・・。
( ̄-  ̄ ) ンーとても難しい問題だね。
今はとにかく、ろず男君の事もだけど
カヲル子ちゃんの体や心のケアが1番大事な事だと
思うよ。

色んな愚痴も聞かせてd(^-^)ネ!

一緒にp(^^)qガンバッテ!いこうね。
2005/08/30 20:47 カヲル見♪ EDIT
無題
自分を責めちゃ駄目だよ。 今は、とにかく治療に専念して、病気が治ったら、また ろずおくんと暮らせるように・・・。何をするにも体が資本!私自身、病気&通院中だから・・お互い前向きに行こう!みんな ろ〜ずの味方だよ♪
2005/08/29 12:19 シンデレラ EDIT
TRACKBACK
TB URL
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログランキング・にほんブログ村へ
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]