忍者ブログ
好きなコトを 好きなように 好きなだけ・・・・・・勝手に綴った ヲタクROSEのひとりごと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきましタっ



http://www.amalfi50.jp/


結論:
やっぱり織田チャンはカッコイイ!・・・(≧∇≦)


以下、ネタバレと感想です。↓


<あらすじ>

クリスマス目前のイタリア・ローマ。亡き夫との思い出の地へ娘を連れてきた矢上紗江子(天海祐希)だったが、娘を誘拐されるという最悪の事件に巻き込まれてしまう。
一方、テロ予告を受け、邦人を守るという任務のためにローマに着いた外交官・黒田康作(織田裕二)は、誘拐犯からの電話を受けたことから、紗江子の偽の夫として行動をともにし、イタリア警察と協力して誘拐犯に立ち向かうこととなる。
舞台はローマから、アマルフィへと移り、次第に事件の真相を掴みかける黒田だったが、それは大規模なテロへと発展していくのであった―――。

<感想>

面白かったです

元々サスペンス・ミステリーは好きなので、
こういうストーリーのモノはすんなり入ることが出来ます。
黒田のあまりのヒラメキに、若干 “出来過ぎ感” は否めないものの、
それを補う織田チャンの抑えた演技が良かったです。

天海祐希さんは、全編通して美しかったぁ~。ホレボレしちゃうくらい。
気丈に振舞い続ける紗江子が、娘を思うあまりに崩れ落ちて号泣してしまうシーンでは、同じ子を持つ母親として思わず胸がしめつけられ、もらい泣きしてしまいましタ

脇を固めるベテランの方々、佐藤浩市さんも良かったし。
アタシ個人的には、イタリア警察の警部役のロッコ・パパレオさんが、
素晴らしく良かったです。

途中から、なんとなく真犯人が予想できちゃうものの、
全体的に無理なく楽しめるサスペンス作品だと思いました。
死人が一人も出なかった点もGOOD。

ただ残念だった点をあげるとすれば。

ALLイタリアロケってことで、イタリアの美しい景色やらを期待してたんですけど。
そのわりに、室内や夜のシーンが、かなり多かったんですよね
アマルフィという街だけは、かなりキレイで撮り方も良かったかなぁ・・・って思いましたし、
この映画を見るまでアマルフィという街の存在すら知らなかったアタシですが、
「ぜひ行ってみたい」って思うくらいでした。

でもローマの街並みとかは、イマイチだったかなぁ

あと、真犯人に協力する3人のイタリア人ですけど。
なぜ協力する気になったのか、動機は語られてますけど、その心情までには全く触れられなかった点。
アルマという女性が、真犯人への何か特別な感情を抱いているようなフセンは少し見られましたけど。

そのあたり、もう少し触れて欲しかったかなぁ。


その点を差し引いても、面白い作品であることは確実なので。

織田チャンの作品の中では、『踊る~』の次にイイ!って作品になったかも知れません・・・

ところで、結局黒田は、本当は『外交官』じゃないんだよね?・・・(汗)
なんか冒頭部分で、「身分がバレないようにしろよ」みたいな会話があったような気がしてるんですけど。
そのへんのネタバレは映画の中でも語られず。

もう1回観てもいいくらいなので確認しなくちゃ・・・(笑)



PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
無題
アマルフィってどういう意味なん?(笑
2009/08/04 21:27 ももち EDIT
Re:無題
>アマルフィってどういう意味なん?(笑

遅レス、ゴメン。
↑にも書いたけど、イタリアの街の名前だよ。
景色がすごいキレイで、世界遺産になってる街みたいだ。
ホントにキレイだった。行ってみたいと思ったよ~。

2009/08/10 04:02 P-ROSE
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログランキング・にほんブログ村へ
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]